« メキシカンふたたび | Main | あ »

2009.03.01

スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督)

スラムドッグというのは、slum+underdog=slumdogつまり貧民街の負け犬という意味だそうだ。

インド スラム街育ちの無学の少年ジャマールが、クイズ番組「ミリオネア」に出演したのは、命を懸けても守りたい少女に再会するため。
次々と正解するその答えは、知識ではなく生きるために避けては通れなかったつらい現実が教えてくれた経験そのものだった。

貧困、売春、幼児虐待など時には目をそむけたくなるシーンもあった。映画自体はフィクションではあるけど、少なからず現実に起こりえることもあるのかもしれない。

最後のシーン
Jamal:I knew you would be watching.
Latika:I thought we would meet again only in death.
Jamal:This is our destiny
というやり取りが、彼らの波乱の人生を象徴していると思う。死ぬまで会えないと思っただなんて。。。
でも二人は出会えた。


現在10のアカデミー賞にノミネートされ、作品賞など受賞。
原作は「ぼくと1ルピーの神様」byヴィカス・スワラップ
こっちも読んだのね。
映画は愛がテーマだけど、原作の内容はちょっと違うところもあるかな。

|

« メキシカンふたたび | Main | あ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2339/44214743

Listed below are links to weblogs that reference スラムドッグ$ミリオネア (ダニー・ボイル監督) :

« メキシカンふたたび | Main | あ »